アカデミックコースからワイカト大学進学(2018年)

語学学校から大学へ進学した川浦さん✩プロフィール✩
Maasa Kawaura
期間:2016年5月~Waikato Pathways College アカデミック英語コース
2017年7月~現在
University of Waikato, Bachelor of Computer Graphic Design
Faculty of Computing and Mathmatical Sciences

 

ニュージーランド留学をした理由

広大な海をバックに 私が海外留学を決めたのは、両親ともに大学留学を経験していたのが最大の要因だと思います。留学先をニュージーランドに選んだ理由は、治安が良い、多国籍文化で差別も少ない、大学に日本人が少ないからです。実際、私の通っているワイカト大学の留学生は2,800人ほどですが、そのうち日本人は20名程度で割合としてはかなり少ないです。

留学生活について

英語があまり得意ではなかったため、大学に入る前にワイカト大学付属の語学コース(Waikato Pathways College)に通っていたのですが、当初は英語がわからず混乱していて、耳が英語に慣れるまで1か月ほどかかりました。ホストファミリー、先生、街の人たちと思うように会話ができなかったり、日本では当たり前にこなせたことも言葉の壁によってできず、悔しくさみしい毎日を送っていました。もちろん、大学に入った現在でも言葉の壁を痛感することがあり、自分自身に失望するときも。でも、そのままストレスを溜めたままにしてしまうと、せっかくの留学生活が台無しになってしまいます。話すのが苦手であれば、クラスの先生やアドバイザーにメールするなど、どんな形であれ相談することがとても大切です。

ニュージーランド留学を経験して

私は留学生活がとても楽しく、価値のあるものだということをみなさんに伝えたいです。ニュージーランドは、自然がとにかくすばらしいです。ハミルトンを少し出れば、すぐに牧場や農園が一面に広がり、気分をリフレッシュさせてくれます。大学での生活は忙しく、慣れないことも多いですが、新しい出会いやイベントもたくさんあり、楽しいです。留学する以前の自分と比べて、今の私は明るくなった気がします。日本では出会わなかったタイプの友達や人々に出会うことができ、本当に幸せです。海外留学を悩んでいる人は、絶対に一度は短期間でもトライするべきだと思います。

広大な海ラグビー観戦

 

 

 

 

 

 

恵文社発行「ニュージーランド留学ガイド2018」より抜粋